home翻訳>ワインズバーグ・オハイオ

Winesburg, Ohio (Penguin Classics)

ワインズバーグ・オハイオ

 ――シャーウッド・アンダーソン


 アメリカ中西部、オハイオ州の架空の町、ワインズバーグを舞台にしたこの作品は、ゆるやかにつながっていく25編の短編から構成されている。
 1895年ごろのアメリカのスモールタウンで繰り広げられるさまざまな人生模様は、いちごの収穫期にあたる六月の「手」で幕を開け、翌年四月の「出発」で幕を閉じる。

 それぞれのエピソードは、ある人物に焦点を合わせてはいるが、主要登場人物は、この町を形づくるすべての人々、ということができる。

 工業化の足音が聞こえてくる十九世紀末のアメリカのスモールタウンを描いた『ワインズバーグ・オハイオ』を少しずつ訳していきます。
 なにぶんゆっくりしたペースではありますが、おつきあいいただければさいわいに思います。

 原文はhttp://www.bartleby.com/156/で読むことができます。

INDEX

第一部 ……2005. 10.05
序章:グロテスクな人々についての本
1.手
2.紙つぶて

第二部 ……2005. 10.22
3.母
4.哲学者
5.誰も知らない





※ご意見・ご感想こちらまで



home