home 翻訳『英語の詩を読む1』>『英語の詩を読む2』>■注




英語の詩を読む ――その2.



6.戦争をうたう


The Teeth Mother Naked at Last  By Robert Bly  

歯母神 ついに裸形となる ――ロバート・ブライ

 

I

Massive engines lift beautifully from the deck.

 巨大な航空機がデッキから美しく舞い上がる。

Wings appear over the trees, wings with eight hundred rivets.

 翼が木立の上に現れる、八百個のリベットが打ちつけてある翼だ。


Engines burning a thousand gallons of gasoline a minute sweep over the huts with dirt floors.

 一分間に千ガロンのガソリンを燃やす航空機は、地べたに立つ小屋をかすめて飛ぶ。

The chickens feel the new fear deep in the pits of their beaks.

 ニワトリたちは嘴の小さな孔で新たな畏れを感じとる。

Buddha with Padma Sambhava.

  *1パドマ・サンバヴァをともなった仏陀の到来だ。


Meanwhile, out on the China Sea,

 その間に、シナ海海上には、

immense gray bodies are floating,

 巨大な灰色の船体が浮かんでいる、

born in Roanoke,

 ロアノークで生まれた船だ

the ocean on both sides expanding, "buoyed on the dense marine."

 艦の両脇には大海が広がる、*2「濃紺の海原に浮かびつつ」


Helicopters flutter overhead. The death-

 ヘリコプターが頭上にはためく。

bee is coming. Super Sabres

 死のハチたちがやってきたのだ。 

like knots of neurotic energy sweep

 神経エネルギーの結節のように編隊を組んだ*3スーパーセイバーは

around and return.

 あたりを掃討し、また戻ってくる。

This is Hamilton’s triumph.

 これぞ*4ハミルトンの勝利

This is the advantage of a centralized bank.

 これぞ中央銀行の威力

B-52s come from Guam. All the teachers

B-52がグアムからやって来る。

die in flames. The hopes of Tolstoy fall asleep in the ant heap.

 教師たちは炎に包まれて死んでいく。*5 トルストイの抱いた希望は蟻塚のなかで眠ったまま。

Do not ask for mercy.

 慈悲など 乞うてはならない。


Now the time comes to look into the past-tunnels,

 いまこそ過去のトンネルをのぞきこむ時だ、

the hours given and taken in school,

 学校で 与えられ、奪われた時間を、

the scuffles in coatrooms,

 ロッカールームでの 取っ組み合い、

foam leaps from his nostrils,

 やつの鼻孔から 泡が吹き出す、

now we come to the scum you take from the mouths of the dead,

 いまやぼくらが目にするのは おまえが死体の口からぬぐう泡だ

now we sit beside the dying, and hold their hands, there is hardly time for good-bye,

 いまやぼくらは死んでいくやつらのとなりにすわる、 そうして手を握ってやる、じゃあな、という間もないのに、

the staff sergeant from North Carolina is dying? you hold his hand,

 ノース・カロライナ出身の二等軍曹が死にかけてるって? おまえは手を取る、

he knows the mansions of the dead are empty, he has an empty place

 やつは「死の家」が空っぽなのを知っている、自分のなかに空っぽの場所があるってことも

inside him, created one night when his parents came home drunk,

 ある晩、やつの両親が酔っぱらって帰ったときに空けたんだ、

he uses half his skin to cover it,

 自分の皮膚で半分隠してるけど、

as you try to protect a balloon from sharp objects. . . .

 ちょうど風船をなにか鋭いものから守ろうとするみたいに……


Artillery shells explode. Napalm canisters roll end over end.

 大砲の砲弾が炸裂する。ナパームの散弾がごろごろ転がっていく

800 steel pellets fly through the vegetable walls.

 八百発の銃弾が生け垣の向こうから飛んでくる

The six-hour infant puts his fists instinctively to his eyes to keep out the light.

 生まれて六時間の赤ん坊が 閃光を遮ろうと、その本能で握り拳を目に当てる。

But the room explodes,

 だが 部屋は吹っ飛ばされる、

the children explode.

 子どもたちも 吹っ飛ばされる。

Blood leaps on the vegetable walls.

 血しぶきが生け垣に飛び散る。


Yes, I know, blood leaps on the walls...

 ああ、そうだよ、血しぶきが生け垣に飛び散ったんだろ。

Don’t cry at that.

 そのくらいのことで泣くんじゃないって。

Do you cry at the wind pouring out of Canada?

 じゃ、おまえはカナダから吹いてくる風に 泣くか?

Do you cry at the reeds shaken at the edge of the sloughs?

 沼地の端で震える葦を見て 泣くか?

The Marine battalion enters.

 海兵大隊の登場だ。

This happens when the seasons change,

 このことが起こるのは、季節の変わり目だ

This happens when the leaves begin to drop from the trees too early

 このことが起こるのは、その季節にもならないのに早すぎる落葉が始まるときだ

"Kill them: I don’t want to see anything moving."

 「奴らを殺せ。動いている者はひとりのこらず」

This happens when the ice begins to show its teeth in the ponds

 このことが起こるのは、氷が池のなかで歯をむき出しにするときだ

This happens when the heavy layers of lake water press down on the fish’s head,

 このことが起こるのは、湖水が重たい層になり 魚の頭を抑えつけ、

 and send him deeper, where his tail swirls slowly, and his brain passes him

  もっと深みへと沈めていく、水底で魚の尾びれはゆっくりとまわっていき、魚の脳みそには

pictures of heavy reeds, of vegetation fallen on vegetation. . . .

  密生する葦や重なり合う水草の映像がよぎっていく……

Now the Marine knives sweep around like sharp-edged jets;

 いまや海兵隊のナイフは 尖端の鋭いジェット機のよう なにもかも手当たり次第に切り裂いてゆく、

they slash open the rice bags, the reed walls the mattresses

 米袋を切り裂き、葦の壁 マットレスを切り裂く

Marines kill ducks with three-hundred-dollar shotguns

 海兵隊は 三百ドルの散弾銃でアヒルを殺し

and lift cigarette lighters to light the thatched roofs of huts.

 ほったて小屋の茅葺き屋根に火をつけようと タバコのライターをかざす。

They watch the old women warily

 用心のために老婆たちから目を離さない。

II


Excellent Roman knives slip along the ribs.

 すばらしい切れ味の*6ローマ製のナイフが あばら骨に沿ってすべってゆく。 

A stronger man starts to jerk up the strips of flesh.

 強い男は 切り取った肉片をもち上げる。

"Let’s hear it again, you believe in the Father, the Son, and the Holy Ghost?"

 「もう一回聞かせてくれよ、おまえは父なる神と神の御子と聖霊とを信じてるんだろう?」

A long scream unrolls.

 長い悲鳴がこだまする。

More.

 もういちど。

"From the political point of view, democratic institutions are being built in Viet Nam, wouldn’t you agree?"

 「政治的見地から鑑みれば、ヴェトナムには民主的諸機関の建設が端緒についておると言えます。ご賛同いただけますね?」


A green parrot shudders under the fingernails.

 爪の下では 緑色のオウムが羽根を震わす。

Blood jumps in the pocket.

 ポケットのなかで血が跳ねる。

The scream lashes like a tail.

 悲鳴は 尻尾のように打ちかかる。

"Let us not be deterred from our task by the voices of dissent. . . ."

 「異議の声にひるんで 我々の任務を遅滞させることのないようにしなくてはなりません……」

The whines of the jets

 ジェット機のすすり泣きが

pierce like a long needle,

 長い針のように貫いていく。


As soon as the President finishes his press conference, black wings carry off the words,

 大統領の記者会見が終わるやいなや、黒い翼がそのことばを運び去る

bits of flesh still clinging to them.

 その羽根のあちこちに 未だ肉片をへばりつかせたまま。

* * *

The ministers lie, the professors lie, the television lies, the priests lie. . . .

 閣僚たちが嘘をいう、教授たちが嘘をいう、テレビが嘘をいう、神父たちが嘘をいう……

What are these lies?

 そうした嘘というのはいったいなんだ?

These lies mean that the country wants to die.

 そうした嘘が言わんとしているのは この国は死にたがっているということだ。

Lie after lie starts out into the prairie grass,

 嘘また嘘が 大草原の草のなかへと旅立っていく、

like enormous caravans of Conestoga wagons crossing the Platte.

 プラット川を渡る *7コネストーガ幌馬車のキャラバン大隊のように。


And a long desire for death flows out, guiding the enormous caravans from beneath;

 そして死の欲望が流れだしてどこまでもつづく、キャラバン大隊を密かに導いているのだ。

"a death longing if al longing else be vain,"

 「せめて死を請い願う、ほかのものへの願いが すべて虚しいのなら」

stringing together the vague and foolish words.

 曖昧で愚かなことばで唱和しながら。


It is a desire to eat death,

 それは死を喰らおうとする欲望だ、 

to gobble it down,

 飲みくだし

to rush on it like a cobra with mouth open.

 口を開けたコブラのように突進する。

It’s a desire to take death inside,

 それは死を内に取り込もうとする欲望だ、

to feel it burning inside, pushing out velvety hairs,

 内に燃えるのを感じるために、ヴェルヴェットのような毛を押し出そうとする、

like a clothes brush in the intestines.

 はらわたのなかにブラシでもかけるかのように。


This is the thrill that leads the President on to lie.

 大統領が嘘をつくのも、そのスリルのためだ。

* * *

Now the Chief Executive enters; the press conference begins,

 さて 最高責任者の登場だ。記者会見の幕が開く。

First the President lies about the date the Appalachian Mountains rose.

 最初に 大統領は アパラチア山脈の隆起した年代について 嘘をいう。

Then he lies about the population of Chicago,

 それから シカゴの人口について 嘘をいう。

then he lies about the weight of the adult eagle, then about the acreage of the Everglades

 それから 成体の鷲の体重について、それからエヴァーグレイズ湿地の面積について 

He lies about the number of fish taken every year in the Arctic.

 北極海における毎年の漁獲高について 嘘をいう。


He has private information about which city is the capital of Wyoming,

 大統領は ワイオミング州の州都はどこか 秘密の情報を入手している。

He lies about the birthplace of Attila the Hun.

 フン族の王アッティラの出生地について うそをいう。

He lies about the composition of the amniotic fluid,

 羊水の成分について うそをいう。


He insists that Luther was never a German,

 大統領は ルターはドイツ人ではありえない、と 主張する。

and that only the Protestants sold indulgences,

 免罪符を売り出したのは プロテスタントだったのだ、と。

He declares that Pope Leo X wanted to reform the church, but the liberal elements prevented him,

ローマ教皇レオ十世は 教会の改革を望んでいたのに、自由主義勢力がそれを邪魔したのだ、と。

He declares the Peasants’ War was fomented by Italians from the North.

 ドイツ農民戦争は 北のイタリア人に煽動されたのだ、と 主張する。

And the Attorney General lies about the time the sun sets.

 それから司法長官が 日没時間について うそをいう。

* * *

These lies mean that something in the nation wants to die.

 こうした嘘が示しているのは この国のなかのなにかが 死を望んでいるということだ。 

What is there now to hold us to earth? We long to go.

 いったいなにが いま ぼくたちを地上につなぎとめているのだろう? ぼくたちは行ってしまいたいのに。

It is the longing for someone to come and take us by the hand to where they all are sleeping:

 激しく願う者がいるのだ。 やってきて、手を取り ぼくたちをみなが眠っているところへ連れて行こうとする者が。

where the Egyptian pharaohs are asleep, and our own mothers,

 エジプトのファラオが ぼくたちの母親たちが

and all those disappeared children, who went around with us on the rings at grade school.

 行方不明の子どもたち、ぼくたちといっしょに輪になって小学校のまわりを回っていたのにいなくなってしまった子どもたちが眠る場所へ。


Do not be angry at the President--

 大統領に腹を立ててはいけない――

He is longing to take in his hand the locks of death-hair:

 大統領は死者の髪の束を その手に握りしめたい と願っているのだ。

to meet his own children, dead, or never born. . . .

 自分の子どもたち、死んでしまった、それとも生まれてこなかった子どもたちに会いたいと願っているのだ……


He is drifting sideways toward the dusty places.

 彼はほこりだらけの場所を横倒しになってすべっていく。

III


This is what it’s like for a rich country to make war.

 金持ちの国が戦争をする とは こういうことだ。

This is what it’s like to bomb huts (afterwards described as "structures")

 掘っ建て小屋(後に「建造物」と説明)を爆撃する とは こういうことだ。

This is what it’s like to kill marginal farmers (afterwards described as" Communists")

 そこらへんの農民(後に「共産主義者」と説明)を殺す とは こういうことだ。


This is what it’s like to watch the altimeter needle going mad;

 狂っていく高度計の針をじっと見る とは こういうことだ。

Baron 25, this is 81. Are there any friendlies in the area?

 バロン25、応答せよ。こちら81。この地区に友好要素はありますか?

81from 25, negative on the friendlies. I’d like you to take out as

 25から81へ。友好要素なし。81には可及的多数の建造物除去を願います。

many structures as possible located in those trees within 200 meters

 所在は当方の煙幕の東西200メートル圏内 林のなかです。

east and west of my smoke mark.



diving, the green earth swinging, cheeks hanging back,

 急降下、ゆれる緑の大地、後ろに引っ張られる頬、

red pins blossoming ahead of us, 20-millimeter cannon

 前方に花開く赤いピン、20ミリキャノン砲発射、

fire, leveling off, rice fields shooting by like telephone

 水平飛行、電柱のように飛び去る水田、

poles, smoke rising, hut roofs loom up huge as landing

 立ち上る煙、着陸場のように巨大な姿をあらわす掘っ建て小屋の屋根の群れ、

fields, slugs going in, half the huts on fire, small figures

 飛び込む散弾、燃え上がる半数の小屋、走っていく小さな人影、

running, palm trees burning, shooting past, up again

 燃え上がるシュロの木、高速飛行、再上昇

. . . blue sky . . . cloud mountains . . .

 ……青空……雲の山脈……

This is what it's like to have a gross national product.

 国民総生産 とは こういうことだ。

This is what it's like to send firebombs down from air-conditioned cockpits.

 エアコンの効いたコックピットから焼夷弾を落とす とは こういうことだ。

This is what it's like to be told to fire into a reed hut with an automatic weapon.

 葦の小屋に向かって自動小銃を「発砲せよ!」との命令が下る とは こういうことだ。

It's because we have new packaging for smoked oysters

 こっちにはスモーク・オイスターの新しい缶詰があるから

that bomb holes appear in the rice paddies

 水田に新しい爆弾穴が開いたってかまいやしない。


When St. Francis renounced his father's goods,

 *8聖フランシスコが 父親から受け継いだ財産を放棄した とき

when he threw his clothes on the court floor,

 自分の着衣を 宮廷の床に脱ぎ捨てた とき

then the ability to kiss the poor leapt up from the floor to his lips.

 貧者に口づけることのできる力が 床から口元に跳び上がってきたのだ。

We claim our father's clothes, and pick up other people's;

 ぼくたちは 父親の服を要求し、おまけに他人の服まで剥ぎ取る。

finally we have three or four layers of clothes.

 しまいには三重にも四重にも重ね着する。

Then all at once it is fated, we cannot help ourselves,

 そこで運命は急転直下、ぼくたちは我が身を助けることさえできない。 

we fire into a reed hut with an automatic weapon.

 だから葦の小屋に向かって 自動小銃を発砲するのだ。


It's because the aluminum window-shade business is doing so well in the United States

 合衆国ではアルミサッシ事業がうまくいっているから

that we spread fire over entire villages.

 村中 焼き払うんだ。 

It's because the trains coming into New Jersey hit the right switches every day.

 ニュージャージーでは ポイント切り替えが正しく作動して 毎日列車が入ってくるから

That Vietnamese men are cut in two by bullets that follow each other like freight trains.

 ヴェトナム人の身体なんて、銃弾でまっぷたつ、貨物列車みたいに一部だけつながっていりゃ上等さ。 

It's because the average hospital bed now costs two hundred dollars a day

 病院ではベッド一床あたりの平均コストが一日二百ドルだから 

That we bomb hospitals in the north.

 北ヴェトナムの病院を爆撃したって かまいやしない。

It is because we have so few women sobbing in back rooms,

 舞台裏で泣く女なんて知れたものだから、

because we have so few children's heads torn apart by high-velocity bullets,

 高速弾で引きちぎられる子どもの頭も知れたものだから、

because we have so few tears falling on our own hands

 この手に落ちる涙だって知れたものだから、

that the Super Sabre turns and screams down toward the earth.

 スーパー・セイバーは旋回し 雄叫びをあげ 地上めがけて急降下するんだ。

IV


I see a car rolling toward a rock wall.

 車が 岩壁にそって走っていく。

The treads in the face begin to crack.

 タイヤの溝に ひびが入りかけている。

We all feel like tires being run down roads under heavy cars.

 ぼくたちは重い車体を乗っけられて 道を進んでいく タイヤみたいな気分だ。

The teen-ager imagines herself floating through the Seven Spheres.

 ティーン・エイジャーの女の子は *9七つの天球を浮遊しているところを想像する。

Oven doors are found

*10オーブンの開け口が見つかる

open.

 開いたまま。

Soot collects over the doorframe, has children, takes courses, goes mad, and dies.

 開け口の枠には煤がたまっている。女の子は子どもを生んで、学校へ通って、気が狂って、そして死ぬ。

There is a black silo inside our bodies, revolving fast.

 ぼくたちの身体のなかには黒いサイロがある、そして高速で回転している。

Bits of black paint are flaking off,

 黒い塗料があちこちで はがれかけている、

where the motorcycles roar, around and around,

 そこでバイクが唸りながら、くるくる くるくる走り回っている。

rising higher on the silo walls,

 サイロの壁をだんだんのぼっていく、

the bodies bent toward the horizon,

 地平線に向かって 車体は傾き

driven by angry women dressed in black.

 操縦するのは 怒れる黒衣の女たち。

* * *

I know that books are tired of us.

 ぼくは知っている 本がぼくたちにうんざりしてるってことを

I know they are chaining the Bible to chairs.

 ぼくは知っている 聖書を鎖で椅子に縛りつけようとしてるってことを。

Books don't want to remain in the same room with us anymore.

  本は もうぼくたちと同じ部屋にいるのはまっぴらなんだ。

New Testaments are escaping . . . dressed as women . . .they slip off after dark.

 新訳聖書は逃げだそうとしている……女装して…… 暗くなったら こっそり出ていくつもりだ。

And Plato! Plato . . . Plato

 それから、プラトン! プラトン……プラトンは

wants to hurry back up the river of time,

 時の河を 急いで遡るつもりでいる。

so be can end as a blob of seaflesh rotting on an Australian beach.

 オーストラリアの浜辺で 腐った魚の身となって その生涯が終えられるように。

V


Why are they dying? I have written this so many times.

 やつらが死んでいくのはなぜだ? ぼくはそのことをもう何度も書いてきた。

They are dying because the President has opened a Bible again.

 やつらが死んでいくのは あの大統領が聖書をまた開いたからだ。

They are dying because gold deposits have been found among the Shoshoni Indians.

 やつらが死んでいくのは ショショーニ・インディアンの集落で 金の鉱床が見つかったからだ。  

They are dying because money follows intellect,

 やつらが死んでいくのは 知性のあとに金(かね)がついてくるからだ。

And intellect is like a fan opening in the wind.

 その知性なんてものは 風のなかで開いた扇ぐらいのもの。


The Marines think that unless they die the rivers will not move.

 海兵隊は 考える やつらが死ぬまでは 川というものは流れることはあるまい と。 

They are dying so that the mountain shadows will continue to fall east in the afternoon,

 やつらが死んでいく 山の影が午後いっぱいかけて 東へ東へと落ちていくために

so that the beetle can move along the ground near the fallen twigs.

 カブトムシが 落ちた小枝のそばを 這っていけるように。

VI


But if one of those children came near that we have set on fire,

 だが もし ぼくたちが火をつけた家の子どもが近よってきたら

came toward you like a gray barn, walking,

 きみのほうに 灰色の納屋みたいになって、歩いてきたら  

you would howl like a wind tunnel in a hurricane,

 きみは吠えるだろう ハリケーンのときの風洞のように

you would tear at your shirt with blue hands,

 青い両手で シャツを引き裂くだろう。

you would drive over your own child's wagon trying to back up,

 バックしようとして きみのうちの子どもの手押し車を 轢いてしまうだろう。

the pupils of your eyes would go wild.

 きみの眸は 半狂乱だ。


If a child came by burning, you would dance on your lawn,

 もし その子が火だるまになってやってきたら、きみは芝生のうえで踊りだすだろう、 

trying to leap into the air, digging into your cheeks,

 空に跳び上がろうとして、自分の頬にぐりぐり孔を開けながら。

you would ram your head against the wall of your bedroom

 自分の頭を 寝室の壁に激しくぶつけるだろう、

like a bull penned too long in his moody pen.

 陰気な檻に ずっと閉じ込められていた雄牛のように。


If one of those children came toward me with both hands

 もし その子たちのひとりがぼくのほうにやってきたら

in the air, fire rising along both elbows,

 空にあげた両手の その腕からは炎が吹き出していたら、

I would suddenly go back to my animal brain,

 ぼくはその瞬間 獣の脳みそに戻るだろう、

I would drop on all fours, screaming,

 四つん這いになって、叫び声をあげて、

my vocal chords would turn blue; so would yours,

 ぼくの声帯は 青くなる。きみのもだ。 

it would be two days before I could play with one of my own children again.

 そうしてまた自分の子どものひとりと遊べるようになるまでに 二日はかかるだろう。

VII


I want to sleep awhile in the rays of the sun slanting over the snow.

 雪の上に斜めに射した陽のなかで ぼくは しばらく眠りたい。

Don't wake me.

 起こさないでくれ。

Don't tell me how much grief there is in the leaf with its natural oils.

 葉に含まれる天然油に どれだけ嘆きが含まれているか なんて教えていらない。

Don't tell me how many children have been born with stumpy hands

*11聖アウグスティヌスの影のなかで ぼくたちが生きてきた年月のあいだに

all those years we lived in St. Augustine's shadow.

 短い、切り株のような手をした子どもたちが どれだけ生まれてきたのか なんて教えていらない。

Tell me about the dust that falls from the yellow daffodil shaken in the restless winds.

 教えてほしいのは 途切れることのない風にふるえる黄色い水仙から こぼれおちる塵のこと。

Tell me about the particles of Babylonian thought that still pass through the earthworm every day.

 教えてほしいのは 虫けらのような人間の頭を毎日よぎる バビロニアの思想をほんのすこしだけ。 

Don't tell me about "the frightening laborers who do not read books."

 「本を読まない怒れる労働者」について なんて教えないでくれ。 


The mad beast covered with European hair rushes towards the mesa bushes in Mendocino County

 ヨーロッパの毛に覆われた 狂った獣が メンドシノ郡にある高原の灌木に向かって 突進してくる。

Pigs rush toward the cliff.

 豚たちは断崖に向かって突進する。

The waters underneath part: in one ocean luminous globes float up (in them hairy and ecstatic men);

 崖下の水面は分かれている。片方の海には 光る球体がいくつも浮かび上がってくる(なかには恍惚とした毛深い男たち)。

in the other, the Teeth Mother, naked at last.

 もう一方の海には *12歯母神が。ついに裸形となって。

Let us drive cars

 さあ、車に乗って行こう。

up

 上へ

the light beams

 光の射してくるところへ

to the stars . . .

 星に向かって……


And return to earth crouched inside the drop of sweat

 それから 縛られ 炎に包まれるプロテスタントのあごからしたたり落ちる汗の一滴のなかにうずくまって

that falls from the chin of the Protestant tied in the fire.

 地上にもどってこよう。



以上がアメリカの詩人ロバート・ブライが、ヴェトナム戦争のまっただなか、1970年に発表した"The Teeth Mother Naked at Last"の全文である。今日でも反戦詩を代表する作品のひとつである。

ブライは脳の浅いところからくることばと、もっと深いところ――魂――から来ることばがある、という。昔の人は抽象的なことばを使うよりも、おとぎ話や神話にみられるように、イメージを用いたことばを使っていた。新聞や雑誌などのことばが、表層から出てきたものであるのにたいして、詩は、昔からひとびとが使っていたイメージを用いる。イメージという深いところ、魂から出たことばは、やはり聞き手の魂に届く。そうしたものが詩なのだ、という。

この詩においても、ヴェトナム戦争を始めたのが、ジョンソン大統領とラスク国務長官ではなく、死母神と歯母神であるという考え方を提示する。そう考えることによって、より深いイメージの世界へ、読み手がみずからを投げ入れることになる、という。

ブライは、たとえばパウンドの「地下鉄の駅で」という詩を批判する。パウンドのイメージは、単に静止した絵画にすぎないではないか、と。わたしたちは、ただ「黒く濡れた大枝にはりついた花びら」を見るだけであって、これでは意識の深い部分――無意識――の出る幕はない。けれどもブライは「詩というものは、知的娯楽ではなく、内面性に対面するための、未知への探求」だというのである。

この詩のなかでは、あたかも映画のように、非常にリアルな描写が、強い緊張感を保ったまま、詩のなかで積み重ねられていく。それは読者を深いイメージの世界へ誘うための助走でもある。
最終章にでてくる歯母神というイメージの世界へ跳躍することはむずかしいのだけれど、それでも、この詩に描かれた残虐な行為の数々を、「頭の表層で」理解するのではなく、内側でとらえ、自分の奥深くへと落としていくことは可能だろう。

いくつもの情景とさまざまなイメージで織り上げられた曼陀羅。これを読んでから、戦争にまつわる報道を目にするたびに、遠くでこの詩がこだましている。






初出Feb.26-27, 2005、改訂March.15, 2005



※ご意見・ご感想・誤訳の指摘はこちらまで